1. ホーム
  2. 眉毛が薄い
  3. 対策
  4. ≫眉毛が薄いからといってアートメイクするのは危ないかも!

眉毛が薄いからといってアートメイクするのは危ないかも!

眉毛が薄い
アートメイクは、お化粧の手間が省ける、ノーメイクでもきれい、海やプールでも落ちないなどの理由で薄い眉毛の人たちをはじめ人気になっているようです。けれども、一方で失敗やトラブルも増えているのが現状です。

眉毛が薄い人の味方アートメイクのトラブルって?

眉毛が薄い方にとってアートメイクは強い味方ではあるんですが、失敗やトラブルはどうして起こっているのかを知ってからやるかやらないか決めないとまずいですよ。

アートメイクによる健康被害は、その95%が医師免許を持たない人の施術によって発生しています。

そうなんです。こういった施術は医師免許を持っておく必要があるんですよ、知ってましたか?
症状の内訳は、皮膚の障害、刺傷、切傷、感覚機能の低下、熱傷、擦過傷、挫傷、打撲傷などです。

最も多いのが、皮膚障害といわれる症状で、患部が化膿して治らない、痛みや腫れが続くといった内容です。中には、角膜が損傷し、視野が曇るといった深刻なものまであります。
健康被害以上に、デザインが気に入らないことや、色味の変化によるトラブルや失敗も多いようです。ありとあらゆるトラブルが起こっているわけです。

アートメイク失敗の原因について教えて。

アートメイクは失敗やトラブルが多いですが、失敗せずに施術を受けるにはどうしたらいいでしょうか。

アートメイクは、皮膚に針を刺し、色素を入れる刺青の一種なんですが、最近の傾向として気軽に施術を受けてしまう方も多いです。

衛生管理がしっかりしていないと、感染症を引き起こします。B型肝炎、C型肝炎、エイズウィルスなどに感染するリスクだってあるんです。事実、タトゥーやアートメイクをされている方の肝炎の感染率は高いという報告もあるように、色素や機材が菌に汚染されている場合があります。

また、アートメイクも刺青も、色素にアレルギー反応が起こり、いつまでも腫れるといった症状もおこります。メイクであれば、簡単に落とせますが、一度入れたアートメイクや刺青は、簡単に除去出来ません。

日本では、医師以外が皮膚に針を刺して色素を入れる行為は違法になっています。アートメイクをする場合には、医療機関に行きましょう。

ネットでアートメイクと検索すると、いわゆるサロンが多いのが目につきます。医療機関ではないので、皮膚に針を刺すアートメイクは違法となるので、注意しましょう。

医療アートメイクとは

 

医療アートメイクは、医師の管理下で行う一種のメイクです。皮膚の表皮に、FDAというアメリカの食品医薬品局で認可されている安全な薬剤で着色します。

平均で3年間持続するので、その間は化粧をする時間が短くできるのもメリットです。

アートメイクを除去するときには、医療機関で実績を積んでいるクリニックなら綺麗に消すノウハウを積み重ねているので安心はできます。

眉毛のアートメイクを除去する方法を教えて。

アートメイクをしたけれど、デザインが気に入らない等の理由で除去したい場合、どんな治療をするのでしょう。

1、レーザーによる除去治療をします。

刺青は、レーザーで消すことはかなり難しいのですが、アートメイクはあまり色素が入っていないので、普通の女性用のアートメイクなら、レーザーでかなり薄くなるでしょう。太い眉毛や、濃く入れていると薄い状態になり、違和感がない位にはなるでしょう。ただし、レーザー照射は、毛根がダメージを受け、眉毛が生えてこなかったり、皮膚がやけどをする事もあります。

2、眉毛のアートメイク切除手術をします。

切除手術は、主に眉毛の下側のアートメイクを除去する場合、まぶたのたるみ取りを同時に行う場合や、アートメイクが退色し、レーザーが使えない場合に行われます。
普通に皮膚を切り取るので、毛根にほとんど眉毛がなくなってしまいます。

最後に、アートメイク、刺青は、入れるよりも除去する方が大変です。気に入らなければ消せばいいと考えるのは間違いなんです。

 

眉毛薄い

眉毛が薄い女性の眉の整え方や、眉毛の育毛、発毛および基本的知識を知る事が大事になります。

関連記事  眉毛が青く見える処理の仕方の問題

シェアをお願いします。