1. ホーム
  2. 眉毛が薄い
  3. 対策
  4. ≫眉毛が青く見える処理の仕方の問題

眉毛が青く見える処理の仕方の問題

眉毛が青い

眉毛の処理には気を付けてくださいね、眉毛が青く見えてしまったらどんなに自然な眉でも幻滅です。

眉毛を剃ると剃り跡が青くなってしまうことがありますよね。

でも、人によって青くなる人と、青くならない人がいますが、それは何故でしょう。

眉毛が青い原因って何?

眉毛の剃り跡が青くなってしまうのは、次のどちらかです。

眉毛を剃ったり抜いたりした後
眉毛がまた生えかけてきた時

実際に眉毛が青くなるのでなく、眉毛が青っぽく見えるだけです。眉毛が青く見える原因は、毛穴の奥の毛根にあります。眉毛の毛穴があまり開いてない状態で、眉毛を剃ったり抜いたりすると、見えている部分しか処理出来ません。

そうすると、眉毛の毛穴に残っている剃った断面が青っぽく見えるのです。肌の白い人ほど、剃った後の眉毛が青く見える人が多いので、眉毛を整える時には注意が必要なんです。

青くならない眉毛の整え方はあるの?

小麦色の肌
肌の色が日焼け等で小麦色になっている人は、眉剃りをしても青っぽさが目立ちません。肌の色が白ければ白いほど、肌の厚さが薄い人も剃った後の眉毛の青さが目立ちます。

青っぽさが目立つからといって、眉毛を剃ったり抜いたりしても、時間とともにまた元に戻ります。眉毛周辺の肌はとても薄くデリケートなので、剃る回数が増えると、かぶれたり赤くなったりしてしまいます。

眉毛が青っぽく見える時には、眉毛の処理の仕方を見直しましょう。毛穴の中に残っている毛根が濃い人は、青さが目立ちます。カミソリを使って処理する場合、綺麗に剃ってカミソリ負けしないようなコツがあるんです。

 第一には、ある程度の値段のするカミソリを使う事。
安いカミソリは、刃の切れ味が悪く肌を傷つけてしまいます。

 泡タイプのシェービングフォームを用意する
剃る際は肌に直接傷がつかないようにしましょう。

泡タイプのシェービングフォーム
顔に使用してもいい石鹸

綺麗に処理でき、肌への負担も少なくて済みます。石鹸は出来るだけ泡立てて使いましょう。

 蒸しタオルなどで、眉毛の毛穴を開く事
眉毛を剃る前に蒸しタオルで毛穴を開くと青く見えないように根元まで剃れる処理する前に蒸しタオルで、毛穴を開いておくと、奥深くの毛根まで処理する事ができます。
蒸しタオルの他には、顔をお風呂で温めると、次第に毛穴が開きます。

顔にシャワーを当てるのは刺激が強過ぎるのでNG。
毛穴が開いても力を入れて剃らない事。肌が炎症を起こす可能性があります。

 余分な部分は抜く
奥深くの毛根による青みを無くすために、周りの余分な眉毛は抜いた方がいいかもしれません。
反対の手で瞼をおさえて抜きます。後は化粧水でケアしておくと、毛穴も目立ちにくくなります。[/box_b]

青い眉毛の解消方法

太くて自然な眉でも、眉毛が青いのはNGです。眉毛の剃り跡を解消するには、

コンシーラーでカバー
軽くファンデをのせカバー
オレンジチーク
眉毛脱色


青みを消すためには、まず自分の肌に近い色のコンシーラーを使いカバーしましょう。カバー出来ない場合、ファンデをのせます。塗るというより、上にのせる感じです。

最終兵器は、オレンジのチーク。オレンジチークを使うと青みは目立たなくなります。毛根が濃く、青みが特に目立つという方は、眉毛全体を脱色してもいいでしょう。

 

記事のまとめ

 眉毛は剃った後の毛穴の断面が青く見える(実際に青いわけではありません)
 ある程の価格の擦る良質なカミソリで綺麗に剃る。
 蒸しタオルなどで毛穴を開いて剃る。

 

関連記事  眉毛は性ホルモンに影響されますか?

シェアをお願いします。