1. ホーム
  2. 眉毛が薄い
  3. 対策
  4. ≫眉毛の発毛サイクルに合わせて手入れをするのがポイントです

眉毛の発毛サイクルに合わせて手入れをするのがポイントです

眉毛と毛母細胞

眉毛の発毛サイクルは3ヶ月。10日で2mm。10日に1度は眉毛のお手入れが必要です。

眉毛が部分的に生え揃ってなかったり、剃り跡から毛が少しだけ伸びているのは、手入れ不足でだらしない感じがします。
でも、眉毛のお手入れのタイミングとか、どのくらいの日数を空けて整えたら良いのかよくわかりません。
手入れの適切なタイミングは、眉毛のサイクルに合わせて行いましょう。

眉毛とサイクルについて

眉毛と毛母細胞

眉毛は、何時までも生えているわけではなくてサイクルがあります。毛の生え変わるサイクルにあわせて、一定期間成長し、自然に抜け、しばらくして新しい眉毛が出てきます。

毛の生え変わるサイクルの事を毛周期と言い3期に分かれます。

成長期 : 毛母細胞の増殖・分化により毛が成長している期間

体毛には毛乳頭という、毛の根っこに当たる部分があります。この毛乳頭に栄養分が行き細胞分裂します。
細胞分裂により毛球が形成され、毛を上に押し上げる事で、皮膚の中に隠れていた毛が表面に出てきます。
成長期は2~6年です。

退行期 : 毛の成長が止まり、毛根が委縮する期間

細胞分裂が終了すると成長が止まり、毛と毛乳頭が分離し最終的に抜けます。この期間が退行期です。
退行期は2~3週間です。

休止期 : 毛が形成を停止している期間

毛が抜ける期間です。この期間は、簡単に抜けていきます。
休止期は3~4か月です。

眉毛の再生スピード

眉毛一本一本の毛には、連動性はありません。独自の成長によって、眉毛は順次抜け変わり、眉毛全体の本数は常に一定です。毛周期は加齢によって長くなる傾向があります。お年寄りで眉毛や耳毛が長い方が多いのはこの為です。

眉毛が抜けた後、再び毛の先が皮膚表面に出てくるまでの再生スピードは、60日前後です。また、眉毛の毛の先が皮膚表面に出てきてからの成長スピードは、1日平均が0.18mm程度です。

眉毛のサイクルと特徴について

眉毛の毛は太く、浅い状態で密集して生えています。成長期の眉毛は全体の10%程度で、残り90%の眉毛は休止期の状態です。休止期の期間は約3か月、成長期の期間は4週~8週なので、全ての眉毛が生え変わる期間としては、4~5か月かかると言われています。

一般的な眉毛の発毛サイクルは3ヶ月。
成長スピードは1日に0.18mm伸びるとして、10日で2mm弱ですから、眉毛が生え揃うのは意外に早い感じがします。

そのため、眉毛のお手入れのタイミングとしては、1週間から10日程度に1度は必要でしょう。ちなみに、人相学は、オリジナルの自眉より、お手入れ後の眉毛で占うものらしいです。

季節による眉毛の成長

眉毛の成長速度は、季節によっても変わります
春~初秋:気温が上昇する春~初秋までは、眉毛の成長速度はとても早く、冬の時期の1.3倍以上と言われます。

原因は、夏にかく汗から目を守ろうとする眉毛自身の防衛本能による成長らしいです。
人間の身体は、弱い部分を守ろうとする場合に、毛が伸びる事がわかっています。

夏以降:夏を過ぎると通常の成長速度に戻りますが、暦通りというのではなく、その年の気象状況によりますし、汗かきの人の眉毛の成長速度は、普通の人よりも速いそうです。

なので、暖かい時期は、眉毛のお手入れの間隔も短くしましょう。
頭髪同様に毎日の眉毛ブラッシングもしてあげましょう。

 

眉毛が薄い

眉毛が薄い女性の眉の整え方や、眉毛の育毛、発毛や白髪が生えた時の基本的知識や対策がわかります。

関連記事  濃い眉毛を薄くする方法4つのうち眉毛脱毛は最終手段です

シェアをお願いします。